避雷針を設置することで安心できる理由とは?

避雷針を設置することで安心できる理由とは?

避雷針を設置すると、雷がそこに落ちる可能性が非常に高まるというのが安心できる理由です。
雷は基本的に高い場所に落ちやすいですから、あえて高い避雷針を設置することでそこに落とそうとする考えになります。
雷は人間にとってももちろん危険で、直撃を受けると死亡することがありますし、建物やその他の屋外設備に落ちたときにも損傷を与える可能性があります。
そういうものをできるだけ避ける目的で設置されるわけです。
もし避雷針がないと、ビルや家屋の屋上に落ちるようなことが多くなると思われますが、人に落ちなければそれで良いということには全くなりません。
電気を通しにくいコンクリートや木材でできている建物の場合、落ちた電気は行き場所がなくなり、無理やりにコンクリートや木材を通ることでそこを破壊したり、木材であれば火災を起こしたりすることもあります。
あるいは内部の鉄筋や電気配線であれば電気を通しやすいですが、配線に接続されている電化製品を故障させてしまうかもしれません。

避雷針を効果的に利用するにはケースにも配慮が必要

避雷針は落雷の被害を最小限に食い止めるために非常に重要なものとなっており、これを設置することで安全確保をすることができると考えられる場合が少なくありません。
しかし避雷針は落雷を積極的に受け止めこれを地面に放出すると言う役割を担っていますが、実際には受け止めることができるエネルギーには限りがあるため、その影響を周囲に与えないようにするための対処も必要になります。
そのために重要なものがケースであり、一般的には電気を通さない木材に絶縁塗料を塗ったものが利用されています。
この中に避雷針を収めることで、落雷を受けた場合に外部にその影響が及ぶことを防ぎ、エネルギーを地面に確実に放出するために役立つものとなっているのが特徴です。
避雷針は効果的に設置をしなければ意味がありませんが、これを行うためには単純にその場所だけではなく、方法にも十分に注意をすることが大切です。
その中でも周辺に影響を及ぼさないようにするケースには、十分な配慮をすることが必要となっています。

避雷針に関する情報サイト
避雷針のメリット

こちらのサイトは、近年異常気象により多発する雷への予防保全で活用できる設備についてのメリットや成功事例などのご紹介を行っています。
雷は、遠くで鳴っていても急に真上で鳴ることもあり、落雷の被害を与える可能性もあるなど予防保全での必要性は大きい時代です。
このような異常気象の多発でも避雷針を取り付けておけば雷避けになるなど安心に繋げることができるわけです。
また、設置しておくことでどのようなトラブルが回避できるのかなどにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search