避雷針を設置してるから回避できるトラブル

避雷針を設置してるから回避できるトラブル

避雷針を設置することで回避できるトラブルはもちろん雷によるものです。
もし避雷針がなかった場合、雷は基本的には高い場所に落ちやすいですから、その建物の屋上に落ちるケースが多いでしょう。
何だ、それならば同じことではないかと思われるかもしれませんが、この二つは全く異なります。
避雷針はただ単に屋上に突き出した金属棒ではなく、その下についても雷に耐えられるくらいにしっかりとした配線がなされており、最終的にはそのまま地面にまで接続されて文字通りアースされた状態になっています。
このようになっているからこそ被害を防止できるのですが、もしこれが無い場合、建物の屋上に落ちた雷は地面に流れ下る前に種々の悪影響を及ぼす可能性が十分にあります。
できるだけ良導体の部分を流れようとするわけですが、それは即ち電気の屋内配線であることが多いですので、それを通じて流れ、接続されている電化製品などを破壊するかもしれないということです。

避雷針が必要な理由を詳細にご説明いたします

自然災害として私たち人間や家、設備や施設などを守らなければいけない災害は多くあります。
その自然災害の中の一つが落雷です。
雷が人に落ちてしまえば即死の可能性があり、家や施設設備に落雷すれば火災の恐れがあります。
また、現代社会では雷による電子器具への被害にも気を付ける必要があるのです。
そのように私たちの生活に危害を与えうる雷ですが、その対策について最もポピュラーな方法である避雷針が何故有効なのかその理由をご紹介いたします。
避雷針は、落雷による人的な被害や物理的な被害を防止するために、建物の一番高い部分に設置される装置です。
避雷針を設置しておけば、ある程度の落雷被害を防ぐことができるため、建築基準法や消防法などで建物の高さが20m以上のものは、避雷針を設置しなければいけないことになっています。
20m以上の建物には設置されているため、個人で落雷を防げない場合は雷注意報がでている場合はできるだけ屋内にいることが重要なのです。

避雷針に関する情報サイト
避雷針のメリット

こちらのサイトは、近年異常気象により多発する雷への予防保全で活用できる設備についてのメリットや成功事例などのご紹介を行っています。
雷は、遠くで鳴っていても急に真上で鳴ることもあり、落雷の被害を与える可能性もあるなど予防保全での必要性は大きい時代です。
このような異常気象の多発でも避雷針を取り付けておけば雷避けになるなど安心に繋げることができるわけです。
また、設置しておくことでどのようなトラブルが回避できるのかなどにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search